FC2ブログ
過ぎていく日々のことを書いてます.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニューヨーク用アプリ再び!
2011-12-29 Thu 14:31
今年11月のニューヨーク旅行のために作成したWindows Phone7用アプリ「Itinerary」,自分がどこで何をどうしたかを記録したいときにすぐに記録できるアプリで,記録マニア向けには非常に高評価を頂いております(笑)

今回作成したアプリは,ニューヨークに行ったときに私が感じた困ったことを元に作成したアプリで「NYC MTA navi」といいます.

ニューヨークって,地下鉄の出入り口がどこにあるのか非常にわかりにくく,特に道がごちゃごちゃするロワーマンハッタンでは,まず自分がどこにいるかを地図で確認して,そこから近くかつ自分が乗りたい路線の地下鉄の駅を探してそこに向かう必要があります.これって意外と面倒なんですよね.

そこで開発したのがこのアプリ,ボタンを一度押すと現在位置から半径最大3km以内にある地下鉄の出入り口をピックアップし,その駅を通る路線名を含めてリストに表示し,さらに地図に該当する地下鉄の出入り口をピンでプロットします.

ニューヨーク用アプリ再び!01


リストに表示された駅名にタッチすると,地図上にそこまでの最短ルートを表示し,ナビボタンを押すことで現在位置を常に地図上に表示しますので,最短ルートとあわせて現在位置を確認しながら駅に向かうことができます.

ニューヨーク用アプリ再び!02


ニューヨーク用アプリ再び!03


同一の駅でも複数の出入り口がありますが,その場合は最短の一つの出入り口のみ表示するようになっており,無駄にリストが長くなることもありません.

苦労したのは,日本のYahooのように地下鉄駅を探すWeb APIのサービスがアメリカにはないこと.そこで,本アプリではニューヨークのMTAサイトが公開しているニューヨーク地下鉄の出入り口座標データを入手し,それをアプリに組み込むことで対応しています.お陰で,非常に高速に検索できるようになりました.

アプリの詳細は以下のページで確認できます.
Marketplace「NYC MTA navi」
http://www.windowsphone.com/ja-JP/apps/eed78087-abbf-478d-ab11-78ac7d0477a7

ただこのアプリ,ニューヨークでしか実機のテストができないんですよねー 開発はエミュレータで行いましたけど,いつか実機テストを現地でやってみたい!
別窓 | WindowsPhone7 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ケ・セラ・セラ | ニューヨークで自作アプリを使ってみた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ケ・セラ・セラ |
SEO対策:ニューヨーク SEO対策:シンガポール SEO対策:ユナイテッド航空
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。