FC2ブログ
過ぎていく日々のことを書いてます.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今回のニューヨーク宿は過去最高!
2010-12-17 Fri 10:11
一昨日帰国して,まだ時差ぼけなのか何なのかぼーっとして余韻に浸ってます.いや,本当に今回のニューヨーク滞在は過去最高に密度が高く,食べた料理数も過去最高になったのでした.

そんな中,これも過去最高!だと思ったのは今回滞在した宿「K'z Guest Room/0号館」でした.宿の写真は,以下のリンクを参照してください.一部リビングルームのテーブルレイアウトが異なってますが,基本的にはほぼこの通りです.

■K'z Guest Room/0号館
http://www.kzguestroom.com/rooms/room_0.html

まあ,私自身のニューヨークでの宿泊はドミトリーでの宿泊を除くと普通の宿での宿泊経験は少なくて,過去隠れ家NY,holiday inn long island city manhattan viewに続いて今回が三回目なので経験値としては少なめですのでその辺は予めご了承ください.

今回宿泊した宿は,場所がポートオーソリティバスターミナルとペンステーションの間で,共に歩いて5分程度で行けるという場所の良さがまず素晴らしい♪

しかも部屋はコンドミニアム,ホテルのような煩わしさは全くなく,ニューヨークに住んでいるかのように過ごせるというのが最大のメリット,本当にこれは素晴らしかった.

部屋はかなり広くて,キッチンが付いているというのもポイントが高く,今回の滞在中には買ってきたベーグルを温めてサーモンをはさんで食べたり,スーパーで分厚いステーキ肉を買ってきて焼いて食べたりしてました.これがまた楽しいの! 特にステーキは最終日出発の朝にも食べるほどはまったなー(笑)

キッチンには電子レンジはもちろん,オーブンや食器乾燥機も完備,大型冷蔵庫もあるため,相当買い込んでも問題なしです.オーブンは今ひとつ使い方が分からず・・・このあたり説明があるとなお良かったかも.

部屋の中にはベッドが2つ置いてあり,特にリビングルームにあるベッドからはエンパイアステートビルディングが見えるため,私は毎日こちらで寝てました.目覚めのエンパイアって普通味わえないよね(笑)

シャワーも一応バスタブが付いているタイプとはいえ,まあ必要十分という感じ.偶に温めのお湯しかでなくてあれ?と思ったことはあったけど,それ以外では特に不満無し.

インターネットは有線でも無線でも接続できるようになっていて,私は無線でずっと接続してました.回線速度も必要十分で特に困ったことはなかったです.ただ,最終日帰国直前に突然30分ほど接続できなくなったことはありましたが,これは大本がおかしくなっていた模様で,部屋側設備の問題ではなさそうでした.

部屋には電話がなく,またテレビやラジオがないのはマイナスと言えばマイナスだけどその分静かで,部屋の窓からニューヨークのノイズがダイレクトに聞こえるというのもまたよかったです.私は持って行ったAndroid端末にインストールしたRazikoでTOKYO FMを聞きながら過ごしてました.ニューヨークで聞くTOKYO FM,これもまた面白い(^^)

最上階の角部屋と言うこともあり,部屋からの眺めも最高で,そこに小さなテーブルが置いてあるので,ベッドに腰掛け街待ちを眺めながら朝食を食べたりできるわけです.これがまた何だかとっても嬉しくなるのです.

今回のニューヨーク宿は過去最高!01



次回も泊まりたいか?と問われたら「絶対に泊まる!」と答えます.この場所で一週間滞在でこの価格というのは普通のホテルではあり得ないし,過去宿泊者の紹介で5%,宿泊経験者は10%オフになるというのもポイントが高すぎます.今回私も過去宿泊者からの紹介で5%オフになりかなり助かりました.

まさに住んでいる感覚を味わえた今回の宿,宿の選択が旅の満足度を変えると言いますが,今回は大満足な最高の選択ができたと思います.

別窓 | 旅行 201012ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニューヨーク旅行,行った店食べたものリスト | ケ・セラ・セラ | もう帰国です>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ケ・セラ・セラ |
SEO対策:ニューヨーク SEO対策:シンガポール SEO対策:ユナイテッド航空
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。