FC2ブログ
過ぎていく日々のことを書いてます.

くたくた着きましたバーリントン!
2006-03-31 Fri 13:35
今回のスキー旅行は,昔の大学の友人(男)と一緒に,東京の大学の後輩のところに向かいます.楽しみ~!

成田空港のユナイテッド航空のラウンジで,のんびりしていたら,UA884の搭乗が最後になっちゃいました.実は,時間間違えていたんです・・・(^^;).乗れて良かった.

フライトは非常に順調で,美味しい?食事をいただきながら,エコノミープラスの広い座席を堪能し,シカゴのオヘア空港に到着しました.

到着はM17ゲートで,今まで見たことがない景色.新しくターミナル作ったのかな?.かなり派手になっていて,歩いている途中にステンドガラスがあちこちにはめられており,芸術性をアピールしているようでした.

そのまま歩いて,入国審査に向かうと黒山の人だかり・・・.たまたま到着便が重なって混んでいるのかなと思ってみたけど,どうにも全く動かない.近くにいた警備の人をとっ捕まえて聞いてみると,「コンピュータシステムがダウンした,いつ動くか分からない」との返事!

11:40に成田から到着し,13:20の便に乗らないと行けない私たちは大慌て.全く動かない入国審査場に業を煮やした我々,新しく作られた入国審査上に移動し,Visitorsに並んで待ちます.かなりの人が並んでいるんですが,審査する人はとってものんびりしていて,ほとんど動かない(T_T).時間は迫る・・・.

途中,警備の人がVisitorsの人をCitizensの審査にも案内しているところに,タイミング良く潜り込み,何とか入国審査を終えたのが12:30過ぎ.預けてあった荷物をピックアップして,税関を通り,再度ユナイテッドに預けに行きます.

しかしここも大混雑.責任者をとっ捕まえて聞いてみると,「荷物をその辺においてTerminal 1に行け,まだ間に合う」と指示され,そのまま荷物を置いてモノレールに乗りTerminal 1に向かいます.

Terminal 1についたのが13:05.飛行機は13:20に出ちゃうんですけど・・・(^^;).国際線から国内線への乗り換えで,しかも構造上一度外に出る形になってしまうシカゴオヘア空港,機内持込荷物のセキュリティチェックの列に並びます.途中担当者に「時間がない!」と訴えても,「大丈夫大丈夫」でかわされ,チェックを終えたのが13:15.

まだ間に合う!とゲートを確認してみると,B22Aという新しく作られたゲートで,建物の一番端っこ.大慌てでダッシュし,ゲートに到着したのが13:19!.「よし,間に合った!」とカウンターの人に聞いてみると「Airplane is gone now!」と笑顔で言われ,もう脱力です.何かちょっと早めにクローズしたみたい.

脱力していると,さすがにかわいそうに思ったのか,すぐに次の便のチケットを取ってくれました.次の便は16:40発の便,ああ,今度は時間が余りまくりです.しかしゲートはC1で,コンコース違いのしかも完全に反対側.いやがらせ?

シカゴのオヘア空港,ユナイテッドのハブ空港であるため,乗り換え便の場合は利用することが多いのですが今まで一度たりともスムーズに行った試しがありませんが,今回のように飛行機乗り遅れは初めてかも(^^;)

今回は,本当に疲れた移動でした.シカゴのオヘア空港,新しくターミナルを作ったようですが,とてもまともに動いているとは思えません.できるだけ使わない方がいいかも.でも直行便がない場合,しょうがないんですよね・・・.

とにもかくにも,どうにか無事につきました.不安だった荷物も,遅れた便に一緒に乗っていたようで,どうにか受け取れました.明日はスキー!,頑張ります.
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 200603バーリントン | コメント:0 | トラックバック:0 |
わくわく今日からバーリントン!
2006-03-30 Thu 09:03
本日,15時20分成田発のUA884便でシカゴ,そこからUA6822便でバーリントンに向かいます.座席は26Hと05C.現地着は16時38分の予定.

今回の目的はスキー.北海道や東北でも滑ったことないのに,いきなり海外デビューです.たまたま,大学の後輩が現地で滞在しており,そこに遊びに行く形で実現となりました.こういう機会でもないと,なかなかスキーで海外へ行くことはないと思ったので,仕事がとってもヤバイこの時期に行くことにしました.

というわけで,「こんな年度末に行くの!,暇でいいわね,オホホホ・・・」とか「これから,お楽しみですって,あらいやだ聞きました奥さん・・・」という意見は却下します(笑).

あ,持っていく荷物は下の写真の感じです.黒ばっかり.

旅行鞄_01


ATOMICと書かれたスキー板ストックセットと,PHENIXと書かれたタイヤつきのスキー用キャリア,後はしょっていくバック(パソコン用)の3つですね.そのうちスキー板ストックセットと,キャリアを預ける予定です.荷物が届かなかったらスキーできない(T_T).頼むよユナイテッド!

帰りは4月4日のUA5941便でシカゴ,UA883便で成田に向かい,成田着は16時15分になる予定です.座席は05Cと18H.のんびり帰られそうです.

行きも帰りも,席は全て左に通路がある通路側.今回もセゾンフリーバードさんにお願いして,全て左利きには都合の良い席を取っていただきました.本当に助かります.毎回お世話になってます.

ちなみに,ニューヨークと同じくノートパソコンは持って行くのですが,現地の友人宅からは更新できるかどうか分かりません.更新できるようだったら更新しますね♪

じゃ,行ってきます!
別窓 | 旅行 200603バーリントン | コメント:2 | トラックバック:0 |
どれどれ難しいスーツケース選び
2006-03-29 Wed 09:23
私は,海外旅行に使うようなスーツケースと呼ばれるものを持っていません.

じゃあ,今までどうやって海外に行っていたの?と言われると,1. 知り合いから借りた,2. ボストンバックで出かけた,3. 荷物を減らしてSWANYの小さな鞄で出かけた,のどれかでした.最近は2.が多いかな.

でも,大きなスーツケースを持つと「ああ,これから海外旅行に出かけるんだ!」という気持ちになると思うのですが,上の3つだとどうも・・・.何か,国内一泊二日旅行みたいで気持ち的に盛り上がりに欠けてしまいます.

よし,こうなったらスーツケースを買ってやる!と考えているのですが,ここまでスーツケースを使わないで海外に行っていると,段々とスーツケースに対する条件が厳しくなっちゃいました.どうせ買うならいいやつを!というやつです.

いいやつといっても単に高いとかという意味ではなく,次の四条件を満たすスーツケースを購入したいと考えています.

その四条件とは,
 1. 四輪タイヤであること
 2. ソフトケースであること
 3. エクスパンダブルであること
 4. 機内持込可であること
です.

これが,まあなかなか見つからないんですよ.1.,2.,4.を満たすスーツケースは見たことがあるんですが,さらに3.となるとなかなか・・・.よく見ると,3.と4.は相反する条件と言えなくもないですが,どうせここまで買わなかったのでどうせなら見つかるまで探そうと言うことに.

海外でも結構探してみたのですが,海外では基本的に1.のスーツケースが少なくて,さらに2.が加わるともうほとんど選択肢がありません.さらに3.や4.となるともう該当するものが全くない状態です.

今では,変な意地を張って,条件に合うスーツケースを見つけるまでは買わないぞ!と勝手に思っていたりします.
別窓 | 旅行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
しくしくリベンジならず!オペラ座の怪人
2006-03-28 Tue 09:10
これだけ今までニューヨークの話が出てきているのに,ミュージカルの話が出てこないな~と感じていたあなた,そう,そんなあなたは鋭い.

今回,ブロードウェイミュージカルの「オペラ座の怪人(The phantom of the OPERA)」を見た・・・・・・かったんですよ.

実は,昨年の11月にニューヨークを訪れた際,「ミュージカルと言えばオペラ座の怪人」という程度しか知識のない私は,到着翌日お昼の部,TKTSでチケットを購入して見に行ったんです.しかし,旅の疲れか時差ぼけか,残念ながら途中から舟を漕ぎ出し,最終的には熟睡(T_T).

今度こそは!と決意して,今回ニューヨークに向かいました.ところが,今回は意外なところに伏兵が・・・「オペラ座の怪人」,日曜日は休み・・・(T_T).しかも,それを知ったのが土曜日の夜.月曜日の午前中にはニューヨークを離れてしまうため,間に合いません.しくしく.

気持ちを切り替えて,代わりに何を見ようと思っていたら,同宿の方から「Mamma Mia」を勧められました.しかし,世は無常なもの,私が見た限り,TKTSでは日曜日のお昼も夜も「Mamma Mia」のチケットは出てきませんでした.でも,後から聞いたらどうやら途中で出たらしいです.どういうシステムなんだろう?

下の写真は,夜の部の販売で表示されていたものです.これだけしかない・・・.ちょっと感じたのですが,昨年と比べて,TKTSにブロードウェイミュージカルが並ぶ本数が減っている気がします.オフブロードウェイはそれなりにあるんですが・・・.

Chicago_01


最終的には,「CHICAGO」のチケットを購入しました.価格は$59.25で座席はG19のオーケストラ席.舞台を正面に見て左側ですね.

会場であるAMBASSADOR THEATREは,215 West 49th St.にある非常に歴史のある劇場です.

Chicago_02


建物は,1921年に建築されたとのことでした.85年の歴史を感じさせる劇場で,他の劇場に比べると狭く,また薄暗い印象がありますが,これが歴史の重さをさらに感じさせてくれます.中は下の写真のような感じです.

Chicago_03


またもや,ストーリーなどを調べないでぶっつけ本番で劇場で見た「CHICAGO」,最後の大どんでん返し,それまで全く気がつかなかった・・・orz.皆さん気がついてました?.

というわけで,次回のニューヨークでリベンジしなければいけないミュージカルが,オペラ座の怪人とMamma Miaに増えてしまいました.今度はリベンジできるのか?
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うきうきまたもアメリカ行ってきます!
2006-03-27 Mon 09:29
え~,先日ニューヨークから戻ってきたばかりなのにも関わらず,今度はアメリカのバーモント州のバーリントンに行ってきます.バーモント州は,ニューヨーク州の北側のカナダとの国境付近にある州です.

日程は3月30日~4月4日.何をしに行くかというと実はスキーだったりします(^^)/.このバーリントン,あまり知られていないようですがニューヨークから飛行機で気軽に行けるスキー場が多いそうで,代表的なスキー場として州内ではストウ,ニューヨーク州レークプラシッドなどスキーリゾートの拠点になっているそうです.

本州以外でスキーをしたことがない私にとって,海外スキーは全く未知の世界,今からドキドキです.どうやって荷物を運べばいいんだろう・・・?

今回のスキー,私の大学時代の後輩がたまたまバーリントンに滞在していて,遊びに来てね~という連絡があったことから始まりました.

当初は,日程の関係で四月に行こうかと考えていたのですが,そこに現れたのがUAの三月トリプルマイル!.それに絡めて行くには・・・ってことでこういう日程になっちゃいました.三月の行き分しかトリプルにならないけど,それでもいいかなと.でも,マイラーじゃないですよ.

というわけで,立て続けにアメリカ行ってきま~す.仕事の話はしないで・・・(^^;)
別窓 | 旅行 200603バーリントン | コメント:0 | トラックバック:0 |
くるくる!Jesse Harris来日
2006-03-26 Sun 09:19
ニューヨークのthe living roomで聞いたJesse Harris,とっても気に入ったので,日本に戻ってきた翌日に色々と調べてみました.

日本では㈱プランクトン(http://plankton.co.jp/index.html)が主に取り扱っておられるようで,そのページを見ていたら,今年初めに販売されたアルバム「ミネラル」の曲が聴けるところがありました.

アルバムの四曲目「ミネラル(インストゥルメンタル)」を聞いてみたところ,ニューヨークで聴いて涙が出そうになったインストゥルメンタルでした.

もう,それだけで「ぽちっ」とアルバムを購入しちゃいました.とってもいい曲なんですよ.聴いているだけで何というか昔を思い出すというか,癒されるというか.私自身ミネラルが足りてないのかもしれない・・・.

しかも,何と四月に来日して,ツアーを行うとのこと.4月22日(土)に渋谷クラブクアトロでやるのか~・・・「ぽちっ」とチケットを購入しちゃいました(笑).ニューヨークで聴くのに比べればとっても高いけど,でもまた聴いてみたい!

3月18日の土曜日に,プランクトンさんより荷物が届いきました

Jesse_01


中にはチケットとCDが!.まずは,CDを聴きまくっています♪

Jesse_02


ああ・・・ただいま心の洗濯中・・・♪

4月22日の渋谷クラブクアトロでのライブ,今からとっても楽しみです.
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうまニューヨークといえば吉野家?
2006-03-25 Sat 10:33
ニューヨークの吉野家と言えば,何故かついついビーフボールを頼んで食べてしまう不思議なお店,もちろん大盛りで(笑).

これがお店の入り口です.よく行かれていた皆さん,懐かしいのではないでしょうか.

吉野家_01


今回も,いつも通り,ビーフボール大盛りをお願いしました.下の写真がそれです.これ,実はかなり大きいんです.しかもご飯もかなり入っていますが,それよりも想像を超える牛肉の量に驚かされます.でもつい食べちゃうんだな,これが.

吉野家_02


さらに,今回は「シュリンプ丼」を是非!とリクエストを受けていたので,当然ながら食べてみました.価格はレギュラーサイズで$5.41です.下の写真がそうなんですが,見た目は結構美味しそう.

吉野家_03


「いただきます」と食べてみたところ・・・これ,意外と行けるかも!って感じです.あんかけじゃないですが,少しとろっとしたタレがかかっていて,海老も野菜もしっかりと煮込まれていて味も悪いと言うよりはむしろいいという感じです.

同じ宿で,吉野家の「コンボ」というメニューを食べた方曰く,「あり得ない」味だったとか.「コンボ」の中身は,牛と鶏と野菜なのですが,牛はともかく,鶏は味が混じってしまって美味しくなく,野菜は煮込みが足りなくて,食べるとガリッとしたとのことでした.

今回試した「シュリンプ丼」は運良く大丈夫だったようです.ニューヨークに来たら,いつものビーフボールではなく,たまには変わったメニューも試してみると面白いかも.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうまニューヨークの甘い一日その2
2006-03-24 Fri 09:31
昨日の続きから・・・.

さて,Jacque Torresのチョコレート屋を後にして,次に向かうはDoughnut Plant NYC!

1月のNYLYオフ会で,品川にあるDoughnut Plantのドーナツをいただいた際に,今度はNYにある本店に行ってみよう!と考えていたのでした.

早速地下鉄を乗り換えて,FラインのDelancey St.駅に向かいます.駅に到着し,大体このあたりのはずなんだけど見つからない・・・とうろうろしているとありました.このあたりは,チャイナタウンとの境目になるんでしょうか.中国語で書かれた店名があちこちに見られます.

Doughnut Plantのお店の外観は,こんな感じ.ああ,どこかで見たような佇まい(笑).でも,これが本店?

DoughnutPlant_01


お店の前には,このように,今日のお勧めとおぼしきメニューが書かれています.「Cake doughnuts」って何?

DoughnutPlant_02


お店の中にはいると人なつっこいおじちゃんがお出迎え.「どこから来たの?日本?」「そうですよ,東京から」「日本にはDoughnut Plantのお店がたくさんあるんだ,行ってみてよ」というわけで,何故か日本語の名刺をいただきました.これって,日本のDoughnut Plantでも貰えるんでは・・・(^^;)

店内の写真を撮らせてもらいましたが,その時にはポーズも付けてくれました.本当に人なつっこいおじちゃんでした.とっても人なつっこいおじちゃんで,いい感じでしょ(笑).

DoughnutPlant_03


ここでドーナツを2ヶ購入し,そのまま地下鉄に乗りブルックリン橋へ.ブルックリン橋の上から,自由の女神を眺めながらドーナツをいただきました.とっても美味しかったですよ♪

と言うわけで,Jacque TorresとDoughnut Plant,本当に甘い,甘~~い一日でした.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうまニューヨークの甘い一日その1
2006-03-23 Thu 09:32
日程もそろそろ終わりに近づいていますが,まだまだ行っていないところは盛り沢山.そんな中で,3月11日は甘い一日を過ごすことにしました.一日の日記だけでは書ききれなくて,また写真も載せたいので2回に分けて書きますね.

まず向かったのは,Jacque Torresのチョコレート屋さん.昨年の11月に自転車ツアーに参加したときに,ブルックリン店に寄ったのが初めてなのですが,調べてみるとマンハッタンにもあるみたい.

早速,お店に行ってみました.場所は350 Hudson St.(at King Street), New Yorkで,地下鉄1or9ラインのHouston St.駅で降りて3分ほどでしょうか.かなりわかりやすいところにありますが,寂しい感じの場所でした.

お店の近くに到着すると,周りとは明らかに異なる空間が.周辺は単色系なのに,そこだけ微妙にカラフルなんです(笑).

入り口は,下の写真のようにとってもカラフル,写真右手には「Jacque Torres Chocolate haven」と書かれています.Chocolate haven!・・・確かに(笑).

Jacque_01


チョコレートを作っている様子は,窓の外から見ることができます.これがかなり面白いんですよ.おっきなウサギやニワトリのチョコレートは回っているし,何とも不思議な空間です.まるでチャーリーとチョ・・・(以下略.

お店の中に入ると,下の写真のように店内はとっても綺麗で,甘~い香りが漂ってきます.写真左側のカウンター上に,手作りのチョコレートが大量に並んでいます.見ているだけで,甘さが伝わってきます.

Jacque_02


いくつかチョコレートを購入後に,絶対試してみたかったホットチョコレートをオーダーしてみました.種類は,オレンジをお願いしてみました.価格はSサイズで$3.5.ものすごい音と共に,ホットチョコレートが作られていきます.どうやって作っているのかよく分かりませんが,とにかくびっくり!

できあがったホットチョコレートが,下の写真です.

Jacque_03


早速飲んでみると・・・もうもうもうもう甘~~~~~~~い!.びっくりするほど甘いです.甘い物好きな方でしたら,こんなに甘くても十分楽しめるのかも知れませんが,私の場合はSサイズより小さいSSサイズが欲しくなるところです.でも,この味はなかなか体験できませんね.

ニューヨークには,色々なチョコレート屋さんが多くあると思いますが,その中でお勧めの一店,是非行ってみてはいかがでしょうか.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
なになにニューヨークで見つけた不思議な銅板
2006-03-22 Wed 10:23
先日,ニューヨーク州立図書館を見に出かけたついでに,その近くにあるというブックオフを見に行こうと思い立ちました.いや,何となく.

ニューヨーク州立図書館の正面階段上から,下を眺めたときに真っ正面に見える道,その右側にブックオフがあるとのことなので早速行ってみました.

5th Ave.を渡り,歩道を歩いていると足下に見慣れない銅板が埋め込まれています.

何だろう?と見てみると,下の写真の銅板でした.

銅板_01


こういった銅板が,先を見るとまだまだ埋められています.少し興味を持ったので順番に見ていくと,どうやらこの銅板,過去の偉人の本に書かれた名言が書かれているようです.

これは,Muriel Rukeyserの"The universe is made of stories, not of atoms.".

銅板_02


また,デザインが気に入ったところでは,このVirginia Woolfの言葉.何か格好いいでしょ(笑).

銅板_03


全てを見たわけではないですが,少なくとも短い1ブロックは両サイドの歩道に埋められていました.道の先を見ると,まだまだ続いていくようですので,ニューヨークを訪れた際には,是非足下を御覧になって,自分の好きな言葉を探してみてください.

私が特に気に入った言葉は,
"A word is dead when it is said, some day. I say it just begins to live that day.", Emily Dickinson.
"Where the press is free, and every man able to read, all is safe", Thomas Jefferson.
でしょうか.

ちなみに,ブックオフは外観は日本にあるものそのままでした.中に入ってみても全く同じ,違うところは100円コーナーが$1コーナーになっていることでしょうか.安い洋書を買いたい人には,かなりお勧めかも知れません.日本に持ち帰るのは大変でしょうが・・・.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
どきどきはじめてのフリックコレクション
2006-03-21 Tue 09:11
ニューヨークを去る前日の3月12日の日曜日,この日の天候はあいにくの雨で,時折,激しい雨脚にさらされたりしました.

そんな中,美術館巡り最後は

「フリックコレクション(The Frick Collection)」

何故,ここに行ったのかと聞かれると,何故でしょう(笑).個人所有の邸宅を見てみたかったからかな.

当日,何故か地下鉄6ラインのUptown方面が動いておらず,雨の中歩いてフリックコレクションへ.でもおかげで普段は歩かない4th
Ave.を,のんびり歩くことができました.雨も弱くなっていたし.

11時過ぎにフリックコレクションに着くと,何故か行列が・・・.出がけに11時オープンと確認してきたのですが,どうも進み方が遅いです.こんな感じで,雨の中ご苦労様です.あ,でも私もこの後並びましたけど・・・.

フリック_01


で,話を聞いてみると皆さん「Goya's Last Works」を見に来られた方だとか.どうも期間限定,時間限定,しかも人数の制限もあるようです.期間はそこそこ長いのでいいようなのですが,時間と人数の制限が厳しい模様.私はたまたまそのチケットも得ることができました.実は運がいい?

入り口付近には,パネルがあったのでパチリ.これによると,並んでいた日時がちょうど「PAY WHAT YOU WISH」にも該当したようで,更に時間がかかっていた模様です.これは「入場料はいくらでもいいよ」システムですね.ますます運がいいのか悪いのか・・・.

フリック_02


館内は写真撮影ができないため,その映像はありませんが,中はひっそりとしていて,とても落ち着いた雰囲気.壁に多くの絵画飾られていて,しかもとても大きいものが多いです.人を描いた絵画がとても多いのも,やはり個人邸宅だからかな.

ここの特徴は,何と言っても中庭ではないでしょうか.家の中に屋根付きのあんな落ち着いた庭があるとは.ここでボーッとしていたい気分です.亀(蛙だったかも)は口から水出しまくっているし(笑).

その後時間になったので「Goya's Last Works」へ.そこは受付近くに地下への入り口が有り,係の人にチケットを見せて入れてもらえます.この係の人が結構怖い顔(^^;)

螺旋階段を下りると,そこにはGoyaだけの世界.私は絵画には全く詳しくないので,展示されている絵画がどのくらい素晴らしいものか分かりませんが,一点だけ取っても気に入った絵がありました.Goyaの「Milkmaid」.何故かとっても引かれました.何故だろう?

入り口近くのShopでは,1点だけ展示してあったモネのポストカードと何故か販売しているボストン美術館のモネのカード集を購入し,後にしました.

外に出てみると「本日のGoyaはもうチケットがありません.終了しました.」と言ってました.皆さん大勢見に来られたようです.これが「Goya's Last Works」の広告です.

フリック_03


何というか,とっても落ち着いた美術館でした.もう少し係員の愛想がいいといいと思うのですが・・・.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
わくわくNYで出会い,自由が丘で再会
2006-03-20 Mon 09:33
先週の土曜日,今月行ってきたニューヨークのTimes Square Beds & Roomsで出会った人達と,日本の自由が丘で再会しました.

今回再会したのは,東京近郊に住む方達で,お医者さんとなる学生さん達と建築を勉強中の学生さん.

共に,私の分野とは完全に異なる分野の方達で,とっても話が面白い!.自分が知らないことを色々と教えてくれて,とっても勉強になりました.

お医者さんとなる学生さん達は,先日卒業式も終わり,来月からみんなバラバラの病院でインターン(で合ってる?)を行うらしいです.先日のアメリカ旅行は,卒業旅行だったとのこと.みんな違う病院に行ってしまうけど,元気に頑張ってね.

それにしても,山梨という意外なところでつながりがあってびっくり.近くに来た際には連絡するように!.青森行くぞ!.高尾山で怪我したら行くから(謎).ジェットコースターでは脱がないように(もっと謎).

建築を勉強中の学生さんは,来年度で大学の三年生,私がその頃って何をしていただろう・・・って考えると,時間の流れは速いなとしみじみしちゃいました.本当に勉強熱心な方で,大学院にも行かれるとのことなので,このまま伸びていって欲しいと思います.若い頃の勉強は,後できっと役に立ちますよ.でも関数電卓の使い方は覚えようね(笑).必ず役に立つから.

それにしても,NYで会ってから一週間後に日本で会っているというのも面白いですね.世界は広いようで狭いのか,NYの宿泊先で出会った人達とは意外なところでつながっていることが多くて,本当に驚きです.

では,乾杯の挨拶を.「NYでの出会いと,自由が丘での再会に乾杯!」
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
ぐるぐるはじめてのグッゲンハイム
2006-03-19 Sun 09:57
もうここまで来たら,今回のニューヨークは博物館,美術館巡りを突き通そうということにしちゃいました.

四日目に行ってきたのは,またもメジャーな美術館です.

「グッゲンハイム美術館」

この美術館は,メトロポリタン美術館からほど近いところにあります.この美術館の特徴は,何と言ってもその外観,フランク・ロイド・ライトのデザインしたとっても柔らかい感じの螺旋がまるで駐車場のよう(笑).

しかしながら,なんとその特徴である外観が,改装工事に伴って全く見えない状態に.下の写真がそうですが,こりゃどういう事だと.

グッゲンハイム_01


同じ宿におられた建築関連の方々は,軒並みショックを受けておられました.確かに気持ちは分かります.私は昨年11月に,外観だけは自転車移動中に眺められたので,もしそれがなかったらショックだったかも.

まあ,こういう光景の方が珍しいので,貴重なものを見せて貰ったと思うことにします.

中にはいると,これがまた独特の眺めですね.下の写真のようにぐるぐると螺旋状になっていて,しかも微妙に半径が違うため,よりいっそう違和感を感じるところです.この違和感がとても楽しいですね.写真が撮影できるのは,この一階からだけなので,それがちょっと残念.

グッゲンハイム_02


螺旋状のところでは,David Smithさんの作品が展示されていました.この方の作品は,独特の感覚によりイメージされた構造物の具現化が行われていて,とても幅広い展示になっていました.最近の私は単純化された非対称性の作品が好きなので,そういうのがないか見てみたら2点ほどありました.うう,写真撮りたかった・・・(T_T).

取りあえず,写真が撮れる一階に展示されていたオブジェをパチリ.

グッゲンハイム_03


絵画などは,隣のタワーギャラリーで行われていて螺旋状のところから行ったり来たりしてみることができます.ピカソの絵画がとっても多く展示されていたのが印象的でした.私はモネばっかり見てましたけど(^^;).

メトロポリタンやMoMAに比べるとそんなに大きくないため,全ての展示を見てもそれほど時間はかからないけど,この空間の想像力には驚くばかりです.いるだけで楽しくなるという感じかな.しかも,とっても見せ方も上手いですね.

と言うわけで,十分に楽しめる美術館でした.一階のShopもかなり充実していましたよ.

ちなみに,www.guggenheim.comを見て知ったのですが,グッゲンハイム美術館,ニューヨーク以外にもスペインのBilbao,イタリアのVenice,ドイツのBerlin,アメリカのLas Vegasにあるようです.やはり建物に特徴があるところが多いようで,そういうのも面白いですね.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
あれあれはじめてのアメリカ自然史博物館
2006-03-18 Sat 11:22
ニューヨーク滞在三日目に行ってきたのは,またもメジャーな博物館です.

「アメリカ自然史博物館」

この博物館,あくまで自然史がメインなので展示されているのは主に化石や生物,人類の歴史などでした.外観はこんな感じ.大きいですよ.

自然史_外観01


博物館には地下鉄BラインまたはCラインから,直接入場できます.これは結構便利かも.$14の通常チケットを購入し,入ってみると中には子供子供子供・・・.想像を絶する子供の数です.あれ,そういうところなの?.はい,そういうところでした.

子供を掻き分け(笑),何とか館内を回ります・・・あっという間に迷いました.まずここは何階なんだろう?.自分が何階にいるのかすらわからないんです.これには困りました.

宇宙物理学好きな私は,早速「ローズ宇宙センター」へ.どちらかというと子供達に向けて,わかりやすく教えるような展示のされ方のようでした.でも,ちょっと見せ方が下手な感じ.ローズ宇宙センターは,外から見ると下の写真のような感じ.上の写真とのギャップが激しい・・・.

自然史_外観02


見せ方が非常に上手かったと思うのは,ローズ宇宙センター1Fからつながっている「Planet Earth」の部屋.ここは,思わずうーんとうなってしまうほど考えられていました.特にモニターを使った地球のメカニズムや津波,地震のメカニズムの説明は私も思わず見入っちゃいました.大人も十分に楽しめます.

それから,4階の恐竜関連のフロア,ここは全体で上手く構成されていたと思います.順路通りに回れば,進化の過程が分かるようになっています.ただし,どちらが順路か分からず,逆に回っちゃいました.退化しています(笑).この写真は,恐竜の頭.これまたとっても大きいんです.

自然史_恐竜頭


と言うわけで問題点もちらほら.あまりにもその見せ方が悪い!.色々なものを展示してあるのはいいんですが,通路に順路がないためあっち行きこっち行き,しかも建物内の構造も悪いのか,自分がどこにいるのかも分からなくなっちゃう始末(^^;)

このあたりを上手くやって欲しいですね~.MoMAやメトロポリタンを,もう少し見習って欲しいと思っちゃいました.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
とうとうエニグマ暗号解読さる
2006-03-17 Fri 11:11
ちょっと今日はニューヨークの話から離れて別の話を.

先日購入した週刊アスキーに,「エニグマ暗号をネット有志チームが解読に成功」という記事がありました.

何でも,今回解読されたのは,ナチスが使っていた暗号機のエニグマで作成された3件の未解読暗号のうちの1件とのこと.すっかりエニグマ暗号自体,すでに解読されていたと思っていたため,まだ解読されていない暗号が3件もあったことに驚きました.

大学の博士課程時代,特別計画研究のテーマとして,暗号に関する研究をまとめたことがあります.このときから,暗号について興味を持ちだした次第です.

基本的なシーザー暗号から,公開鍵暗号であるRSA暗号や楕円曲線暗号まで一通り勉強させていただきました.このとき感じたのが,暗号の奥の深さでした.

それから数年経った現在,もう暗号は昔のスパイ映画の中の話ではなくなり,非常に一般的になってきています.

そういった中,その暗号を近年の技術であるインターネットを使った分散コンピューティングで総当たりで解読してしまうと言うところが,とってもギャップがあって面白いですね.

それにしてもWikipediaのエニグマ暗号のページ,凄いですね.ちょっと読んでいて感動してしまいました.こんな情報が簡単に見られるインターネットって本当に凄いですね.有志の方,お疲れ様です.

■Wikipedia エニグマ暗号
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%9E_(%E6%9A%97%E5%8F%B7%E6%A9%9F)
別窓 | 科学ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうまニューヨークの安くて美味しいピザ
2006-03-16 Thu 11:08
先日行ってきたニューヨーク,まだその余韻に浸っている状態で,あんまり仕事にならない今日この頃.

そういった中,ニューヨークに行ったときに必ず利用する,もちろん先日のニューヨークでも利用しまくったピザ屋さんを紹介します.

その名も「99¢ピザ」.わかりやすいでしょ(笑).

場所は,42nd St.と9th Ave.の交差点から南に50mほど下った西側にあります.目印は緑色に「99¢」の文字.下の写真がそのお店です.でも夜の写真しかないから,分かり難いかも.

99ピザ_外観


この写真は,滞在中にいただいた2 slicesと水のセットです.この組み合わせで$2.75,ピザだけだと2 slicesでたったの2ドルです.あれ,99¢とじゃないの?,細かいことは言わない.美味しければそれでいいんです.

99ピザ_ピザセット


でも,本当に美味しくて,焼きたてを出してくれるのでいつでもホカホカ.本当にお勧めです.近くにお寄りの際には是非お試し下さい.

実はこのお店,私が宿泊していたTimes Square Beds & Roomsの目と鼻の先だったりします.歩いて1分!.いつもお世話になっています.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
どこどこニューヨークでの宿泊先
2006-03-15 Wed 12:45
昨年の11月と同じく,今回お世話になった宿泊場所は「Times Square Beds & Rooms」.

場所は,ポートオーソリティバスターミナルの裏側にあたる40th St.で,9th Ave.との交差点近くにあります.

入り口は,下の写真のような感じでとても宿泊先の入り口という雰囲気ではなく,また名前の見える看板もないので,しっかりと事前に場所を確認してからじゃないと,たどり着けないかもしれませんし,昨年11月には実際にたどり着けない方もおられました.私も最初確認してなかったら,「本当にここでいいの?」と不安になっていたと思います.
TSBR_入り口


入り口の階段を上ると2Fが宿泊先になります.ここはドミトリータイプで,部屋数は6つ.全員で20人も入れないくらいじゃないでしょうか.

・・・何か,これだけ書くととても否定的な内容になっていると思われるかもしれませんが,実際はその逆.

ここの楽しみは,何と言っても夜の会話.この書き方だとなんかやらしいですね(笑).日本人の方が経営されていることもあり,宿泊される方も日本人の方が多いのですが,それもあってか今日回ってきたところやお勧めの場所などいろいろと教えたり教えて貰ったり.

着飾る必要もなく,寝間着でリビングでのんびりしながら話をできる,何て言うか合宿してる見たいな気軽さなんです.

また,いろいろな分野の方が宿泊されるので,自分が知らない新しい世界についても,とっても勉強になります.今回もカメラマンさん,ダンサーさん,お医者さん,多くの学生さん・・・これが楽しいんですよ.新しいことを知ることができる,この喜び!

これが,夜な夜な楽しい話が繰り広げられるリビングです.楽しいですよ~.
TSBR_リビング


ちなみに,1Fはライブハウス?があり,日によって夜はとんでもなく五月蠅くなることがありますので,そういうのが苦手な人にはお勧めしません.私の場合は,宿泊している人達と楽しくワイワイ夜中中話をしてしまうので気にならないです.ただ,その分翌日に結構来るんですけどね・・・.

あと,シャワーはかなり狭いです.これは覚悟していった方がいいかも.最初見たときは「どうすればいいんだろう?」と真剣に悩んじゃいました.慣れればどうと言うことないんですけどね.下の写真がシャワーです.狭いでしょう(笑).
TSBR_シャワー


でも,そういうこともあるけれど,私はとっても好きな宿泊先です.これからもお世話になりますね.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
とうとう帰ってきました日本
2006-03-14 Tue 19:14
先ほど,無事日本に帰ることができました.

ニューヨークのJFK空港から日本の成田空港へ,ユナイテッドのUA801便のフライトでした.e-checkinにより当初18Hの席から17Hの席に変更でき,通常のエコノミープラスよりも足下が広い状態で帰ることができました.なかなか最後まで運が良かったようです.こういうときは,日頃の行いとは逆になるのかな?

さて,今回のニューヨーク旅行,最初の計画通り行ったところ,行かなかったところ,たくさんありました.でも,そんなことどうでも良くて,またまた楽しんで帰ってくることができました.本当に楽しかった.しみじみ.

ニューヨークから日記を更新してみたり,のんびりのんびり生活してみたり,ライブカメラに登場してみたり(笑),なかなか普段の生活ではできない経験をしてきました.

多分,これから時差ぼけで大変なことになるんじゃないかと思いますが,のんびりと治していきたいと思います.毎回日本に戻ってからの時差ぼけがきついんですよ・・・.

最後に・・・,これからの日記には,しばらくニューヨーク関連が頻繁に登場します.はじめてシリーズ,ニューヨーク・・・シリーズなどなどありますが,そんなにも楽しむことができたんだなと考えてもらって,気楽に読んでコメントいただければ嬉しいです.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
くらくらはじめてのTop of the Rock
2006-03-13 Mon 14:35
どうやら,ニューヨーク滞在最終日である12日の日曜日は,天候が大荒れとのこと.

慌てて,天気予報を調べてみると,10日は午前中雨,11日は晴れと出ていました.うーん,今回はどうしてもTop of the ROCKに登りたいと考えていたので,どちらにしようか悩んだ末,10日に.

雨が降った後の方が,空気が澄んできっと先の方までよく見えるに違いない!という勝手な思いこみからだったのですが,結果的には大成功でした.

Top of the Rock,昨年の秋から始まったわけですが,風の噂ではかなりの行列ができているとか,時間制限があるとか聞いていたため,ちょっとビビリ気味.でも,是非夕焼けから日が沈んでいくところを見て,感動を味わいたい!ということで,頑張って行ってみることにしました.

YahooのNY天気予報には,日の入りの時間も出ていて,10日は17時57分でした.この時間なら17時に並べば夕焼けも見られるだろうということでチケット売り場に行ってみると,待っている人は誰もいません.それ以前に,チケット売り場が分かり難すぎます.どう見てもわざと隠しているとしか・・・.もう少し何とかならないのかな?

チケットを20%offで購入し,セキュリティチェックを通ってエレベータに向かいます.この途中の過程でも誰も並んでいなくて,逆に不安になりながらエレベータへ.

このエレベータ,動き出すと面白いですね.知っている人は言わないで,知らない方は是非試してみてください.ちょっとcoolです.キーワードは天井です.これのおかげで,急に気分が盛り上がりますね.

到着するとそこが展望台.混雑は全くなく,ちょっと拍子抜けでしたが,平日だったからかな?.でも,嬉しい誤算です.展望台は三段構成になっていて,それぞれ色々と楽しめます.しかも,網ではなく,硬質ガラスの板が網代わりなのでとっても見やすいというおまけ付き.

それにしても,展望台からの眺めは抜群ですね.北を向けばセントラルパークとその向こうのハーレムが一望でき,南を向けばエンパイアステートビルディングとその向こうのビル群,さらには自由の女神まで見ることができる,こんな景色,普通は見ることができないですよね.

予想よりも早く展望台に着いたこともありますが,日が傾く少し前から,日が段々と落ちていく様子,日が沈んで夕焼けが綺麗な様子,段々と暗くなっていく中で街の明かりが広がっていく様子など,全てを楽しむことができました.

本当に本当に,綺麗でした・・・.もう最高にお勧めですね.

写真は,お勧めの2枚と,エレベータに乗る前に取った体験コーナーのものです.
TOR_01

TOR_02

TOR_03

別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうまはじめてのHALLO BERLIN
2006-03-12 Sun 15:21
ニューヨークに数ある屋台の中で,昨年のVENDY AWARD 2005にも選ばれたとっても美味しいソーセージのお店「HALLO BERLIN」.

昨年の11月にニューヨークに来た際,持参した「ホントに美味しいNY10ドルグルメ」の本に出ていたこのお店には何としてでも行こうと思っていたのですが,たまたま行けた土曜日はお店が出ていなくて,調べてみたら休みでした・・・.

メトロポリタン美術館に行く前に,「今度は水曜日だから大丈夫!」と行ってみたものの,何故かお店が出ていなくて,また食べられず(T_T).

今度こそとMoMAに行った際に裏の通りに行ってみたら,今日はありました,目印の白と青のパラソル!.三度目にしてようやく出会うことができました.下の写真がお店の様子.結構皆さん並んでいます.
HALLO_屋台の様子


長い行列の後,「Double Soul Food Mix」を注文.二種類のソーセージがいただけます.ソーセージは,長いのが二本ではなく,小さく食べやすいサイズにカットされて出てきます.ホットドッグみたいな感じではないので注意してください.

早速食べてみました.こんな感じで入っていますので,添付のスプーンでいただきます.
HALLO_ソーセージミックス


ちょっと味は濃いめで,辛いとさえ感じるかもしれませんが,パンと合わせていただくと,これが結構いいんですよ.でも,飲み物は予め忘れないようにした方がいいですよ.

お店のメニューはこんな感じです.
HALLO_メニュー


今回私がいただいたのは12番ですが,13番「DR. ATKINS DIET PLATE」も気になるところ.低カロリーみたいです.

今回,念願のHALLO BERLINのソーセージ,とっても美味しく食べられて満足(*^_^*).ちなみに,HALLOはHELLOの間違いじゃなくて,ドイツ語のGuten TagやGuten Abendに近い意味がある言葉です.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うるうるはじめてのジャズバー
2006-03-11 Sat 10:30
ニューヨークには,皆さんご存じの通り数多のジャズバーがあります.でも,日本でも行ったことがない私にとって,ジャズバーとはかなり敷居が高いイメージがあります.

なので,昨年11月にニューヨークに来たときも,「大丈夫なのかな?」とか不安に思うところがあり,結局行けませんでした.

しかし,そんな私にもジャズバーデビューのチャンスが!.3月8日の夜,宿泊先の方がジャズバーに行くというので,一緒に連れて行っていただくことになりました.この辺がドミトリーのいいところですね.

お店の名前は「THE LIVING ROOM」.住所は,154 Ludlow Street, NYC, 10002でLower Eastになるのかな?

連れ行ってくださった方は,その日の夜10時からの演奏を聞きたいからと言うことで来られたとのことでした.「誰の演奏ですか?」と聞いてみると「Jesse Harris(ジェシー・ハリス)だよ」とのこと.

私は洋楽に疎いため知らないのですが,知っている人から見たら「おまえ何言ってんの?」状態らしいです.何でも,ノラ・ジョーンズの"Don't Know Why"の作曲者ということらしいです.ただ,JAZZかと言われたら違うのかも.

地下鉄を乗り継ぎ,お店の前に来ると初めてのジャズバーでドキドキです.下の写真は入り口の一枚.
NY_JAZZ_お店の写真


中にはいると入り口に大きな外人さんがいて,IDのチェックをされました.そんなに大きくないお店なのですが,それでもこのあたりはしっかりとされているようです.パスポートを見せて無事入ることができました.

21:30位に入ったのですが,お店の中はかなりの人.テーブル席も一杯です.ちょうどJesse Harrisの前の組の演奏が行われているところで,この方もとっても綺麗な歌声でした.その方の演奏が終わり,テーブルが空いたのでそこに移り,Jesse Harrisの登場を待ちます.

と,テーブルの横を本人がまるでお客さんのように通っていきます.お店が狭いので舞台横から出入りするところもなく,普通に自分で楽器の準備をしたりされていました.ちょっと驚きです!

演奏が始まると,それまで聴いたことがなかった私でも,その素晴らしさが分かりました.最初の方に演奏されたインストゥルメンタル,正直それを聴いただけで涙が出そうになりました.下の写真がJesse Harris!.写真,ぶれぶれで申し訳ありません.
NY_JAZZ_Jessie


その後も演奏が続き,もう至福のひとときを過ごせました.途中,お客さんから突発的にリクエストがあったり,それに応えるJesseがいたりと,とても気軽に楽しんでいるなーという雰囲気です.

ちなみにこのお店,music chargeが$5と格安で,minimum chargeがドリンク一杯というとても良心的なお店でした.ドリンクも非常に安いし,とってもお店の雰囲気も優しいし,店員さんも親切でお勧めです.

music chargeの集め方も非常に面白くて,下の写真のような赤いバケツが回ってきて,そこにお金を入れていくというシステム.それだけでも,ちょっといい雰囲気でしょ(笑).
NY_JAZZ_バケツ


とっても楽しいジャズバーデビューになりました.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うきうきはじめてのMoMA
2006-03-10 Fri 11:32
昨日に続いて,本日はメジャーな美術館に行ってきました.

「MoMA ニューヨーク近代美術館」

メジャーなのに,未だ行ったことがない美術館,モネがあるとの情報を教えていただいたので「これは見なければ!」と行ってきました.

場所は何度も来ている5th Ave.の近くなのでもう迷うことなく歩いていきます.ニューヨークって,街並みが好きで,それだけ見ているだけでも時間が過ぎちゃいますね.と言うわけでMoMAに到着.
MoMA_入り口


さて,MoMAに入ってみると,ほとんど待つことなく$20を支払ってチケットを購入.学生さんは学割があるようで,たまたまMoMAの前で会った同じ宿の人は,日本の学生証を見せて学割で入っていました.本当は国際学生証が必要なようですが,結構融通は利くのかも.1Fはこんな感じです.写真の右側でチケットを購入しました.
MoMA_1F


荷物を持って歩くのは大変なので同じフロアにあるクロークへ.バックパック,傘,小荷物,バッグ,28cm×35.5cm以上のポーチは全てクロークに預ける必要があるようです.身軽な方が本当に楽なので,クロークは上手く使いたいですね.

それから,もう1つ利用したいのが,MoMAオーディオという音声ガイド.日本でもよくある,ハンディ型の端末に番号を入力するとその説明が流れるやつなのですが,MoMAでは無料で貸し出しされています.絵の説明や,その絵が描かれた背景などいろいろと説明して貰えるのでとっても便利.

ただし,貸し出しにはパスポート以外の身分証明が必要で,私はクレジットカードを預けました.そういうのが嫌な人は,注意が必要です.しかも,端末を返すときは名前を行ってクレジットカードを受け取るだけで,正直これ,セキュリティの問題があると思うのですが,大丈夫なのかな?

さて,本題の展示物ですが,これはもう圧巻ですね.2F~6Fの展示会場には,近代美術に関するありとあらゆる種類が展示されております.今回6Fでは「Edvard Munch」の特別展示が行われていました.Munchなんて教科書の中だけでしか見たことがない人なので,これも思わず見ちゃいました.何か,絵のタッチって画家によって本当に違うんですね.

お楽しみのモネ,私が見た中では三枚展示されていました.そのうちの一枚は壁を埋めるほどの大きさで,ちょっとびっくり.思わず30分ほど絵の前の椅子に座って眺めちゃいました.いいですよね~.

他にも,ピカソ,ルノアール,シャガールなど教科書でしか知らない巨匠の絵がそこら中に展示されています.そうそう,Andy Warholの本物を見たのは初めてで良かったですし,絵ではないですがAlberto Giacomettiの作品もとっても興味が持てました.

これは,上の方から見た眺めです.結構広いんですよ.
MoMA_内部


と言うわけで,MoMAお勧めです.モネまた見たい~.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:2 | トラックバック:0 |
わくわくはじめてのメトロポリタン美術館
2006-03-09 Thu 16:18
今回のニューヨーク,今まで行ったことがないところに行ってみよう!と思っていました.昨年11月にはかなり偏ったところしか見ていなかったので,今日はとってもメジャーなところに行ってみました.

「メトロポリタン美術館」

もう,誰もが知っていて,普通は必ず行くらしいのですが,前回のニューヨークでは全く行きませんでした.今回散歩がてら,歩いてメトロポリタン美術館へ.結構遠かった・・・.入り口近くから撮った写真.とっても大きいです.
メトロポリタン_建物


受付に行くと,今日は空いているのか誰も待っていません.$15支払ってチケットを購入すると,下の写真みたいなものをくれます.これを見えるところに付けて,入場します.
メトロポリタン_入場券


メトロポリタン美術館,めちゃくちゃ広いです.とても1日で回るなんて考えられないです.絵,彫刻,その他多数ありますが,下の写真はその中の一つ.とっても大きくて綺麗でした.
メトロポリタン_中の様子


それにしても,モネが好きな私にはたまらないところでした.ボストン美術館にもかなりあったけど,それよりもかなり展示されていて,絵の前で椅子に座ってボーッとしてました.

他にもピカソ,ドガ,ルノワール,ゴッホなど,もう盛り沢山すぎて何から見ていいか分からないくらいです.美術好きにはきっとたまらないところでしょうね.

午後から見に行ったのですが,とてもその時間では回れそうにありません.しっかりと見てみたい方は,是非早めに行ってくださいね.
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
どきどきはじめてのビジネスクラス
2006-03-08 Wed 13:09
ニューヨークに着くまでの事でもいろいろと書きたいことはたくさんあるけれど,今回はまずはこの件を.

ユナイテッド航空のUA800便に乗るために,成田空港第一ターミナル42番ゲートに到着したのが,搭乗開始15分前の午後3時55分.

そこでのんびりしていると,カウンターから呼び出しが.何だろうと行ってみると「ビジネスへのアップグレードが行われます.」と言われました.これがビジネスのチケットです.何か嬉しい(*^_^*)
ビジネスクラス_チケット


昨年,頑張ってユナイテッドのPremier Executive(1P)を取得したんですが,まさかこんなに早く効果があるとは.何かこれで運を使い果たすんじゃないかと思っちゃいます.

で,ビジネスクラス,何が凄いかというと・・・

まず,席が広い!.もう尋常じゃありません.あれを一度体験しちゃうともう戻れないです.これはひょっとするとユナイテッドの策略じゃないかと思っちゃうほどです.帰りの飛行機の席,エコノミープラスだけど狭く感じちゃうんだろうな・・・.

つぎ,食事が凄い!.何か今まで見たこともないような機内食・・・.こんな世界があったとは知りませんでした.でも,パチパチ食事の写真を撮っていたら,隣の外人さんに笑われちゃいました(笑).

これはメインコースの前に出てくる食事で「コリアンダー風味の海老のソテーとプロシュートハムのアペタイザー」とのこと.何が何やら・・・.
ビジネスクラス_その1


次はメインコースで,「牛ヒレ肉のステーキ,ローストした椎茸入りクリームソース」でした.お肉,厚くて美味しかったです.ちなみに,オーストラリア産牛肉とのことでした.
ビジネスクラス_その2


あっという間の12時間,追い風も良かったのか約1時間早く到着しました.ビジネス席からだったので,機外に出るのも早く,入国審査もあっという間で,宿泊先に着いたのが午後4時.まだまだ十分,時間があります.

機内でよく寝られたかというと,あんまり寝られなかった気もしますが,それはそれ,気合いでニューヨークを楽しみます!
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:2 | トラックバック:0 |
わくわく今日からニューヨーク!
2006-03-07 Tue 09:04
三月にニューヨークに行こう!と決めて,チケットを取って宿を押さえたのが先月の初旬.もうあっという間に出発の日が来ちゃいました.

今日,16時55分成田発のUA800便でニューヨークに向かいます.座席は17H.現地着は15時18分の予定.遅延なく着くといいな.

今回は,何しようかな.まだ行っていないメトロポリタン美術館も行ってみたいし,MoMAも行ってみたいし,またイントレピッド博物館でステルス戦闘機に触ってコンコルドに乗って・・・ああ,やりたいことだらけ.

食べる方も抜かりなし!.Doughnut Plant,Burger Joint,Corner Bistro, Hallo Berlin・・・キリがないですね(笑).もちろん,吉野家大盛り忘れていませんよ.シュリンプ丼はどうしよう?.見た目がかなり微妙だよね,あれ.

さらに,Top of the Rockも忘れていませんよ~.新しいデジカメで綺麗な写真が撮れるといいな.ねらいは夕暮れ時ですね.

さらにさらに,フリーマーケットにも行ってみたい!.ニューヨーク滞在最終日である日曜日は,フリーマーケットかな.ああ,あれもこれもやってみたい.

それにしても昨年11月に一度行っているので,今回は何か精神的に凄く楽です.まあ,あの初めて行くっていうドキドキ感も好きだけど,今回は気楽にニューヨークを楽しんできます.

パソコン持って行くので,現地から更新できるといいな.現地で仕事しているかもしれないけど(^^;).

じゃ,行ってきます!
別窓 | 旅行 200603ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうま駒形どぜう
2006-03-06 Mon 09:14
週末に,浅草に行って「駒形どぜう」を食べてきました.

駒形どぜうは,美味しいどじょうを食べさせてくれる数少ないお店とのことで,予約してランチを食べに行きました.

このお店,外観がとても洒落ていて,下の写真のような感じ.私もパチリと撮影しましたが,他にも皆さん大勢撮影していました.夜だともっと雰囲気がいいんでしょうね.夜にも見てみたいです.
駒形どぜう_外観


早速中にはいると,中は結構広くて,1階は座敷のみのようでした.一階はこんな感じ.
駒形どぜう_1階の様子


予約してあったためか,我々は2階の個室席に案内してもらいました.

5名で食べに行ったのですが,何を食べよう?とメニューを眺めながら思案.お店の方の提案もあり,どぜう鍋ランチと柳川鍋ランチをそれぞれみんなでつつくことに.

まずこちらがどぜう鍋.ネギは自分たちで載せるのですが,これはネギ載せすぎです(笑).でもネギも美味しいんですよ.
駒形どぜう_どぜう鍋


こちらは柳川鍋.どうです,こちらも美味しそうでしょう?.
駒形どぜう_柳川鍋



ちょっと面白かったのが,このお店,浅草本店,渋谷支店以外にホノルル支店もあるとのこと.何故ホノルル?

ちなみに「どぜう」,私は「どじょう」と発音すると思っていましたが,お店のWebページによると第二次大戦以前は「どじやぅ」,明治時代は「どぢやぅ」と仮名使いされていたそうです.店名のどぜうの由来も,造語!と言うことが大変興味深く書かれていました.是非参照してみてください.

■駒形どぜう
 http://www.dozeu.co.jp/
別窓 | グルメ いろいろ | コメント:0 | トラックバック:1 |
うまうまドイツワイン試飲会
2006-03-05 Sun 10:14
昨日,ドイツワインの試飲会に参加してきました.

今回のワイン試飲会は,神戸のローテローゼが年に三回浅草で行っているドイツワイン試飲会です.参加費はテイスティンググラスが付いて1000円,それで100種類のドイツワインが味わえ,30種類の有料試飲も用意されているというもの.

入り口には,下の写真が.ああ,本当は3日間とも来たいけれども,仕事がそれを許さない.うう,厳しい.
ワイン試飲会_看板



会場に入ると,今まで見たこともないほどの人人人・・・.今回も大盛況のようです.早速受付を済ませてグラスを持ちうろうろ.

でも,まずメツゲライ・クスダのハム&ソーセージのコーナーへ.前回参加したときは最終日だったので,もうほとんど残っていなくて残念な思いをしました.

今回もお店の人に聞いたところ,初日にいったん全て売り切れてしまい,本日も午後3時に届いたものが,1時間も経たずに半分以上売り切れてしまったようです.どうにか残っていたベーコン等を購入しました.あ~ホッとした.

それからは,のんびりとワインを頂きました.ああ,数が多くて,どれから飲めばいいやら目移りしちゃいます.

実は,2月2日のブログで紹介したワインオープナーも当日持参しました.お店の人のご好意で,一度それを使う機会をいただきました.コルクがすっと抜けたときの皆さんの反応たるや,もう!.やはり一度見てもらうのがわかりやすいと実感しました.

とっても美味しい一日でした.
別窓 | ワイン | コメント:0 | トラックバック:0 |
とうとうUAマイレージカードが届きました
2006-03-04 Sat 08:53
先月末に,ユナイテッド航空(UA)から新しいマイレージカードが届きました.

マイレージ_封筒


昨年頑張って,色々計画してどうにかPremier Executive(1P)になったのですが,1Pのカードは見たことがなかったのでちょっと感激.

普通の人はそんなに頻繁に海外に行かないですから,1Pなんて夢のまた夢・・・だったのですが,昨年末のダブルEQMキャンペーンにより,初の平会員脱出です.

送ってきた封筒の中身は,
 1. 2007年2月まで有効な1Pカードが添付されたお手紙
 2. 2006特典のご案内(premier executive)
 3. エリート会員だけの特典をお届けしますとタイトルされた封筒
   3枚の紙,UA従業員評価カード,
   Find your place in the sky(seat mapの冊子)
 4. 1P特典が書かれている2枚の紙
でした.こんな感じです.

マイレージ_中身


現在手持ちの3枚のマイレージカードを並べてみました.上から平会員,Premier,Premier Executiveのカードで,色は青,シルバー,ゴールドでした.

マイレージ_3枚のカード


ちなみにPremierは,昨年25000マイルを超えた段階で届きました.でも,まだ一度も使っていないのに先日Premier Executiveのカードが届いた次第です.

早速7日からのニューヨーク行きに持って行きます.まああんまり使うところないけど,何か嬉しい(*^_^*)
別窓 | マイレージ | コメント:0 | トラックバック:0 |
へ~へ~富山で見つけたいい話
2006-03-03 Fri 09:17
先日富山に行った際,秋吉帰りに友人を駅まで送る途中の横断歩道前で写真のようなものを見つけました.

富山_スコップ


そこには
 「雪と汗のひとかき運動」
 「歩道除雪等にご協力下さい。」
 「みんなでひとかきやらんまいけ」(ひとかきやろうよ)
と書いてありました.

「これ何?」と友人に聞いたところ,冬に除雪車が通った後にできる雪の壁を,このスコップを使って,除去するためのものとか.

「誰がするの?」と聞くと,「横断歩道を渡る人」との返事.

除雪車が通った後に横断歩道を渡る人が,善意で除雪を行うというこのシステム,「実際どうなの?」って聞いてみたところ,「みんな普通にやるし,やりたがる人もいる」と言うことでした.

先日の富山では市内にもう雪はありませんでしたが,除雪している姿,是非見てみたい気がします.ちなみに,盗まれたり壊されたりすることも知る限りないとのことで,何か暖かい気持ちになりました.
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
うまうま富山のお酒買ってきました
2006-03-02 Thu 08:31
先週末富山に行った際,お土産として富山のお酒をいろいろと購入してきました.

まずは最近日本酒をワンカップで楽しむのが流行っているということで,どういうものがあるだろう?と見てみるとあるわあるわ,取りあえず今回その中から左写真の5つを購入してきました.

富山酒_ワンカップ


上の写真,左から「銀盤 本醸造」,「銀嶺立山 普通酒」,「純米吟醸 若鶴」,「純米酒 越中懐古」,「清酒 風の盆」です.これを見て驚くのが,本醸造や純米吟醸など従来はワンカップにはまず使われなかったお酒が,今では当たり前にあると言うことです.本当に凄いですね.

富山酒_ワイン


次の写真は「黒部峡谷ワイン」で,銀盤酒造株式会社が販売しています.日本酒の会社がワインを作っているのは珍しい気がします.どこまで関わっているのか気になるところです.

富山酒_越乃寒梅


また,上は新潟のお酒ですが昔はとんでもなく高かった「越乃寒梅」です.300mlで小さめですが,それでも598円と考えられない価格で購入できました.いくら清酒とはいえ,あの越乃寒梅がこの価格とは・・・.最近,日本酒はそれほど人気がないんでしょうか.

というわけで,少しずつ楽しんでいこうと思っています.
別窓 | グルメ いろいろ | コメント:0 | トラックバック:1 |
| ケ・セラ・セラ | NEXT
SEO対策:ニューヨーク SEO対策:シンガポール SEO対策:ユナイテッド航空