過ぎていく日々のことを書いてます.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニューヨーク用アプリ再び!
2011-12-29 Thu 14:31
今年11月のニューヨーク旅行のために作成したWindows Phone7用アプリ「Itinerary」,自分がどこで何をどうしたかを記録したいときにすぐに記録できるアプリで,記録マニア向けには非常に高評価を頂いております(笑)

今回作成したアプリは,ニューヨークに行ったときに私が感じた困ったことを元に作成したアプリで「NYC MTA navi」といいます.

ニューヨークって,地下鉄の出入り口がどこにあるのか非常にわかりにくく,特に道がごちゃごちゃするロワーマンハッタンでは,まず自分がどこにいるかを地図で確認して,そこから近くかつ自分が乗りたい路線の地下鉄の駅を探してそこに向かう必要があります.これって意外と面倒なんですよね.

そこで開発したのがこのアプリ,ボタンを一度押すと現在位置から半径最大3km以内にある地下鉄の出入り口をピックアップし,その駅を通る路線名を含めてリストに表示し,さらに地図に該当する地下鉄の出入り口をピンでプロットします.

ニューヨーク用アプリ再び!01


リストに表示された駅名にタッチすると,地図上にそこまでの最短ルートを表示し,ナビボタンを押すことで現在位置を常に地図上に表示しますので,最短ルートとあわせて現在位置を確認しながら駅に向かうことができます.

ニューヨーク用アプリ再び!02


ニューヨーク用アプリ再び!03


同一の駅でも複数の出入り口がありますが,その場合は最短の一つの出入り口のみ表示するようになっており,無駄にリストが長くなることもありません.

苦労したのは,日本のYahooのように地下鉄駅を探すWeb APIのサービスがアメリカにはないこと.そこで,本アプリではニューヨークのMTAサイトが公開しているニューヨーク地下鉄の出入り口座標データを入手し,それをアプリに組み込むことで対応しています.お陰で,非常に高速に検索できるようになりました.

アプリの詳細は以下のページで確認できます.
Marketplace「NYC MTA navi」
http://www.windowsphone.com/ja-JP/apps/eed78087-abbf-478d-ab11-78ac7d0477a7

ただこのアプリ,ニューヨークでしか実機のテストができないんですよねー 開発はエミュレータで行いましたけど,いつか実機テストを現地でやってみたい!
スポンサーサイト
別窓 | WindowsPhone7 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ニューヨークで自作アプリを使ってみた
2011-11-19 Sat 00:15
今回の旅に向けて9月から作成していたWindowsPhone7用旅の思い出記録アプリ「Itinerary」,何とか出発前にMarketplaceにも登録されましたが,それよりバージョンアップした最新版をauのIS12Tにインストールし,現地で使ってきました.

こんな感じで,登録した順番に記録されていきます.

ニューヨークで自作アプリを使ってみた01


ニューヨークで自作アプリを使ってみた02


表示されている住所はGPSで受信した緯度経度から取得しているため,本来の住所と若干のズレがあったり受信出来なかった場合は以前の緯度経度から取得したりするためちょっとおかしい場合も(^^;

また価格リストを見ると,今回の旅行では入金$2510.12,出金$2494.80,残金$15.32とわかります.

ニューヨークで自作アプリを使ってみた03


この入金には宿代も含まれているので,かなり多めの金額になってます.買い物でこんなに使ったんじゃないからね!(ツンデレ風)


とまあ,こんな感じで記録した総数272.今まではデジカメで瞬間を記録してきたニューヨークですが,今回はそれとは別に時間軸に沿って流れを楽しめたニューヨークとなりました.

また,単にちょっとした記録だけじゃなくて,フルに使ってみてわかる欠点などもあったので,その点は今後修正していく予定です.


ちなみに,ニューヨーク出発前に思いつきその翌日に作成及び申請,ニューヨークについた翌日に審査を経てMarketplaceに公開されたアプリ「ここどこ?」が,現在Marketplaceに登録されている無料アプリ全体で第6位,旅行&ガイド無料アプリ部門で第1位になってます.

携帯のGPSを使って,今いる位置の郵便番号と住所,最寄駅とその距離を地図に表示するアプリなんですが,登録した私が驚くほどダウンロードされててびっくりです.手間だけで考えるとItineraryの方が遙かにかかってるんですが,こちらは記録マニア向けという需要が限られてるアプリですからね・・・ちょっとフクザツな心境です.

別窓 | 旅行 201111ニューヨーク | コメント:2 | トラックバック:0 |
ニューヨーク自分土産
2011-11-17 Thu 10:44
ニューヨークへ行っても,頼まれたおみやげを買うことはあっても自分自身へのおみやげを買うことは極稀な私,しかし今回一目惚れしたものを買って来ました!

それがこの「Barnes & Noble Book Bag」

ニューヨーク自分土産01



Barnes & Nobleのバッグといえばこちらの白いタイプが有名ですが,私が持つにはちょっと派手なのと汚れが目立ちそうということで購入に至らなかったのですが,今回見つけたBook Bagはその問題点を華麗にクリアしてくれてます.

ニューヨーク自分土産02


実際使ってみての感想ですが,バッグ内側には網目状の大きめのポケットがあり細かなグッズはそこにしまえますし,バッグ外側の広い面にはマグネットで止めるこちらも大きめのポケットが前後についており,さらに狭い面にも折りたたみ傘や携帯などが入るポケットが二面についていて非常に便利に使えます.また,中も広くてかなりの荷物を持ち運ぶことが出来そうなところも「Book Bag」の名に恥じない作りだと思います.

ニューヨーク自分土産03


一目惚れしたバッグだけに,あばたもえくぼで欠点が見えてないかもしれませんが,これはお勧めの実用バッグだと思います.

ちなみにこのバッグ,店頭だと$29.95なのですがBarnes&Nobleの通販だと$19.46と35%オフ,しかも通販で購入して店頭で早ければ60分でピックアップもできるようなので,ニューヨークに居る間にこのシステムで購入すればよかった!とは後の祭りですが,それでも気に入っているので許せます(^^)

「Barnes&Noble」
http://www.barnesandnoble.com/p/home-gift-barnes-noble-book-bag-beige-brown-basketweave-fabric-1275-x-14-x-575/19952243?ean=9781616815158&itm=2&usri=book%252bbag
別窓 | 旅行 201111ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
ニューヨークでのインターネット
2011-11-15 Tue 10:30
先週木曜日に帰国し,相変わらずねむねむな状態で,旅行前までの眠れない日々が嘘のように眠れてて,嬉しいやら悲しいやらの状態が続いています.この睡眠が維持できればほんとうに嬉しいんですけどね(^^;

さて,今回のニューヨーク旅行では,前回に引き続き現地の出先でインターネットが出来るようにデータ通信端末を日本で借りて行きました.

前回のニューヨークでは,グローバルデータという会社のMiFiを借りて行ったのですが,現地の回線への接続までに最長5分もかかる有様で,お店に立ち寄ったときにちょっとインターネットしたいというにはとても使いにくく…接続さえしてしまえば比較的普通に使えたんですけどね.

そこで今回はテレコムスクエアのスマートWi-Ho!という端末を契約し,成田で受け取ってニューヨークへ行きました.スマートWi-Ho!は,テザリングでのデータ通信だけでなく電話もできるAndroid端末を借りて行くことができるというので,非常に期待して向かったのでした.


・・・が,その期待は儚くも消え去るのでした.

結論から言うと「使えない.全くもって使えない.」でした.

この端末のSIMはT-mobileの回線らしく,現地ではT-mobileに接続します.端末のテザリング機能をOnにすると,ものの10秒程度で現地の回線へ接続されます.ここまでは非常に良いのですが,その後がまあひどい.

Twitterへの接続すら満足に出来ず,Twitpicなどへの画像アップなんて10回に一度成功すればいい方で,あまりにも繋がらないので現地の無料でWi-Fiが使えるスターバックスなどへ行ってアップする有様.いたるところでの接続がこの有様で,何のためにお金を払って借りていったのか・・・orz.

同時期にテレコムスクエアのデータ通信端末を借りていった友人と現地であって話をしたところ,やはりそちらも「使えない」とのことでした.

帰国後成田のテレコムスクエア返却カウンターであまりに酷い状況を苦情として伝えたところ,調査の上で後日連絡するとのこと.その返事が先日来ましたが,「本体の故障はなく現地回線が混雑していた可能性が高い」というまあ当たり前の返事.

それにしても11月1日から9日までの滞在中,いつ使っても遅くて使い物にならなかったわけですから,これがテレコムスクエアの端末の性能と言うか限界なのでしょう.

というわけで,はっきり言います.少なくともニューヨークへ行く際にはテレコムスクエアの端末は全くもってお勧めできません.

そりゃ,電話としては使えました.しかし,現地での電話なんておまけみたいなもの,インターネットへの接続が重要なのに,それがこの有様ではとても人に勧められるものではありません.

しかも,現地滞在中に同じタイミングでニューヨークに行っておられた方とTwitterで知り合いになりましたが,帰国後に聞いたところその方はグローバルデータのデータ通信端末を今回借りていかれたそうです.以前私が同社の端末を借りた際は接続までに時間がかかって大変だったと話をしたところ,その方は接続も速く普通に使えたとのこと.ああ,そちらにしておけばよかったよ・・・


とまあ,現地でのデータ通信端末についてはこんな感じでしたが,今回ニューヨークに行ってみて非常に便利だったのは無料のWi-Fiでした.

以前からスターバックスなどは多少の手続きで使えたりしましたが,今回は店員さんに聞く必要もなくattwifiというSSIDに接続し,ブラウザでチェックを入れてボタンを押せば利用可能でした.また,Barnes&Nobelにもattiwifiがあり,マクドナルドも表示は異なるものの同様のシステムで利用可能でした.

また,立ち寄ったカフェやベーカリーなどでも同様のシステムであったりお店独自のシステムだったりしましたが,かなりあちこちのお店で無料で使えるWi-Fiが普及していました.

常に接続していたいという理由がなければ,これでも十分便利にインターネットへ接続できる環境が整いつつある印象を受けました.

日本でも,無料で使えるようなWi-Fiシステムが欲しいなー
別窓 | 旅行 201111ニューヨーク | コメント:0 | トラックバック:0 |
台湾旅行:データ通信編
2011-09-04 Sun 00:12
色々書いたらすごく長くなってしまいました.2回に分けようかとも思いましたが,それはそれで面倒なので一度に書いちゃいます.


今回の台湾旅行では,現地でのデータ通信に非常にお世話になりました.

前回の今年3月の台湾旅行では,MiFiという海外用モバイルデータ通信用の端末を日本でレンタルして使いました.1日あたり1280円で使い放題ということで期待して持参したのでしたが,
 ・ 接続までに必要な時間が致命的に長い
ということで,これはとても使っていられないということで,今回はMiFiをレンタルするという考えは早々に切り捨てて,別のやり方がないか探してみたのでした.ちなみに,電源を入れてから接続までにかかる時間は平均で3分程度,長いときは5分たってもつながらない有様でした.バッテリーを持たせるためにこまめに電源を切っての使用ということがあるにせよ,いくらなんでも待ち時間が長すぎて実用には程遠かったのでした.

ちなみに,台北市内のMRT各駅/主要道路沿い/主要スポット/セブンイレブン/スターバックスなどで使える無線LANサービスWIFLYもあります.1日100NT$ということでこちらも前回使ってみたのですが,たとえ台湾には死ぬほどセブンイレブンがあるとはいえ使えないところも多く,ネット依存な私にはちょっとつらいところもあったのでした.


さて,今回私が現地で使ってみようと思っていたのは以下の2つ.
 1. 現地データ通信SIMによる光ポータブルでのデータ通信
 2. 無料Wirelessネットワーク

まず1.の方から.
こちらは,空港などで現地の通信会社が発売しているデータ通信SIMカードを購入し,SIMフリー端末に差し込んで使おうというもの.今回は羽田ー松山便を利用したのですが,松山空港には中華電信しかありませんので,必然的にこの会社のデータ通信SIMを購入します.ちなみに,SIMフリーの携帯電話(スマートフォン)をお持ちで,PCを使用しない場合は直接データ通信SIMを携帯電話(スマートフォン)に差し込んで使うこともできます.

価格は3日間(72時間)で250NT$,7日間(168時間)で450NT$でした.1NT$が日本円で2.65円ですから,それぞれ660円,1200円程度となります.一応3日間(72時間)とありますが,中華電信の担当者の話だと,最終日の深夜まで使えるようなことを言ってましたので,3日間のデータ通信SIMを買えば,3泊4日まるまる使えることになります.ちょっと記憶が定かではないので,このあたりは要確認ということで.

さて,こちらのデータ通信SIMを日本から持参した(NTTからレンタルしている)光ポータブル(PWR-100F)に差し込んで使います.この時の注意点は,端末がSIMフリーでないと使えないこと.ちょうど私の隣に後からきた日本人が「ソフトバンクのiPhoneで使いたい」と言ってましたが,日本で買ったiPhoneではこのデータ通信SIMは使えません.こういう場合は,今回の私のように光ポータブルのSIMフリー版を使えばiPhoneでもWi-Fi経由で使うことができます.

手続きには,パスポートと運転免許などの身分証明書が必要となりますので,お忘れなきよう.また,私が行ったときには日本語を話せる担当者の方がおられて,とても親切に教えてくれました.PINコードを聞き忘れてつながらなくて焦ったりもしましたが,それもすぐに解決しました.ですので,できたらSIMカード購入後すぐその場で(もしくは近くの椅子に座って)接続テストされるのをお勧めします.

実際に使ってみた感想ですが…素晴らしい!の一言.接続までにかかる時間は長くて2分,早ければ1分程度であっという間につながってくれます.もちろん電源オフの状態から.このくらいの時間であれば十分待てますし,お店にちょっと立ち寄ったときにも特に意識することなくつぶやけます.

また回線速度もかなり速く,時間帯にもよると思いますが早朝ホテルで試したところではDownload 2581kbps, Upload 329kbpsという結果でした.Downloadが2.6MB近くあれば十分実用的です.おかげで,台北のどこにいても非常に快適にインターネットすることができました.




もう一つの2.について.
実はこの7月から台北では「TAIPEI-FREE」と銘打って,無料のWirelessネットワークサービスが始まったのです.台北市内のMRT各駅とその地下街など「屋内公共エリア」にて提供が始まっており,さらに今年の10月以降は主要幹線道路,主要居住・商業エリア,人口密集地などの「屋外公共エリア」にもこのWirelessネットワークは拡大するそうです.そこで今回,こちらも現地で試してきました.

外国人がこのサービスを利用するには,「旅客服務中心」というところで手続きを行う必要があります.私は,台北駅にある旅客服務中心で手続きを行いました.最初,台北駅内の工事の影響か案内の看板が見当たらなくてどこにあるのかかなり探しましたが,単純に電車の切符売り場横にあったのでした.窓口で「TAIPEI-FREE」と言えば,すぐに手続きに入ってくれますので,心配はいりません.また,係の人も非常に親切で,英語などが話せなくても全く問題ないと思います.

手続きに必要なものはパスポートとメールアドレス,パスポートに記載されている旅券番号と生年月日がそれぞれログイン時のIDとパスワードになります.係の人が登録し,それで間違いがないかモニターで私も一緒に確認した上で,登録作業終了となります.登録後,IDとパスワードは紙に書いたものをいただけるので,それを見ればすぐに使うことが出来ます.ちなみにこのときメールアドレスも渡したわけですが,今のところ何のメールも届いてません.あれは一体何に使うんだろう?

今回地下鉄での移動が多かったため,移動するたびにTAIPEI-FREEに接続してみました.ちなみにSSIDは「TPE-Free」です.TPE-Freeに接続後,ブラウザを開いてIDとパスワードを入力します.たったそれだけで,インターネットを無料で使うことができるようになります.

速度という点では512kbpsが上限のようですが,実際の使用ではそれほど遅く感じるシーンはありませんでした.Google Mapの表示も非常に快適でした.ただ,たまにルータの不具合なのかサービスがまだ始まっていないのか,SSIDはあるのに一切接続できない駅もありました.とはいえ,これは時間の問題かと思います.10月以降はさらに利用できる場所が広がるということなので,さらに便利になりますね.



今回台北で2つのデータ通信サービスを試してみましたが,とても強く感じるのは「日本の遅れ」っぷりです.日本では今回台北で私が購入したような3日間や7日間の短期間データ通信用SIM(データ量無制限)の販売は行われておらず,また無料で使える無線LANサービスが主要駅などにも用意されていません.海外からの旅行者を多く呼びこむ観光立国を目指している日本ですが,こういったサービスもまともに用意できないようではIT立国などと言っても誰も信用しないでしょう.

海外でどこにいても自由にインターネットに接続できるその利便性は何者にも変えがたく,GoogleMapとGPSによるお店までのナビゲーションや,その周辺のおいしいお店の探索などもその場で手軽にできるというのは,本当に素晴らしい体験だったと思います.不慣れな場所でも道に迷うことなく,ガイドブックのお店の場所が間違っていてもその場で探せばいい,ちょっと予定が狂っても慌てることなく検索すればいい…旅行の楽しみ方が大きく変わるアイテムでありサービスだと思います.

これから台湾へ行くときは,間違いなく1.と2.を組み合わせながら使っていくと思います.皆さんも是非お試しください.
別窓 | 旅行 201108台湾 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ケ・セラ・セラ | NEXT
SEO対策:ニューヨーク SEO対策:シンガポール SEO対策:ユナイテッド航空
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。